« 2007年6月 | トップページ

手ぶれ補正

前回、日本丸を撮りに行ったとき、もう一つ目的がありました。

それは、「手ぶれ補正の効果を確認してみたい」ということです。

レンズはシグマの55-200mmを使い、テレ側200mmでシャッタースピードが上がらないようにして、撮影してみると...

Imgp0134

こんな感じです。

シャッタースピードが1/45ですので、普通なら手ぶれが気になるのですが、なかなかしっかりと撮れていました。

よく言われるのは、1/焦点距離が手ぶれしないシャッタースピード。

この場合は200mmは35mm換算で300mmなので、1/300は欲しいところ。

それが、1/45でなんとかなってしまいました。

これで、手ぶれ補正がなかなか使えると言うことがわかりました。

次回からもいろいろ試してみます。

それでは、また次回お会いしましょう。

| | コメント (48) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ